読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒派遣社員が生きるコツを模索する

ゆるく生きるコツを探す雑記blog。

大卒で派遣社員は恥ずかしくない

 

「就活が嫌だ。辞めてしまいたい」

「新卒で正社員にならないと人生終わり」

 

と考えてる人はいませんか?

 

ある時期が来ると、皆まるで新卒カードを捨てたら死ぬぞとばかりに就活をしますよね。

安心してください。死にません。

 

そして、どうしても周りと同じように振舞えず、結局失敗するなんてことも・・・

 

逆に考えるんだ。失敗しちゃってもいいさと考えるんだ。

f:id:irohasu24:20170401000741j:plain逆に失敗しちゃってもいいさと考えましょう笑

 

就活が嫌になった、辞めたいという方は、参考までにこの記事をお読みください。

 

私が新卒カードを捨ててあえて派遣社員になった大きな理由は次の2つです

 

・同じ会社で長く働きたいと思わない

・仕事が人生の全てじゃない

 

なぜみんな正社員になろうとするんでしょうか? 

そんな疑問を持つこと自体おかしいと言う人もいるかもしれませんね。

そこはスルーして、正社員がよくて派遣がダメな理由をまじめに考えてみます

 

①    低賃金でボーナスがない  

②    周りの視線が痛い。「派遣」という世間のマイナスイメージは根強い

③    福利厚生がない  

 

これが、派遣より絶対に正社員になったほうがいい主な理由だと思います。 でも、冷静になって考えてみてください

 

  ①    残業がなくて責任の軽い仕事だったら低賃金でボーナスがなくても構わない。

給料低くて長時間残業のブラック企業よりむしろ安定している

②    周りの視線なんて関係ない。自分で選んでるんだから

③    大手の派遣会社なら社会保険完備の職場もある。

 

  じゃあ、派遣で働くメリットは?  

 

・自分の生活を優先できるから、趣味の充実や資格の勉強時間も確保できる。

・人間関係のわずらわしさから解放される

・色々な職種を経験したい  

 

といっても、実際はどうなの?

派遣社員について書かれてる本はいろいろあるけど・・・

   

 今回は、2016年に出版された やりたいことを仕事にするなら、派遣社員をやりなさい! [ 大崎玄長 ]にフォーカスをあてて私の思ったことを書いてみます。

>【中古】 やりたいことを仕事にするなら、派遣社員をやりなさい! /大崎玄長(著者) 【中古】afb

価格:649円
(2017/3/31 23:49時点)
感想(0件)

 この本については、 

 

「考え方が変わった」

「派遣会社の社長が都合のいいことを並べただけ」

 

 と賛否両論が飛び交っていました。実際のところどうなんでしょう。   

 

では、この本でも取り上げていた2015年の派遣法改正について少し触れてみたいと思います。     

 

まず、従来の派遣法と改正後の派遣法についてわかりやすく説明するために、 一つの仕事を「イス」に例えるとします。

 

 今までの法律は、誰であろうと派遣社員が同じ「イス」に座り続けられるのは3年まででした。

 

つまり、派遣Aさんがその「イス」に2年座っていた場合、派遣Bさんは1年しかその「イス」に座れない。

そして3年を超える場合、企業はその“業務”を派遣で雇うことはできないという仕組みでした。  

 

じゃあ、改正されて何が変わったの?

 

 改正後は、“業務”ではなく“人”に対して規制がかかることになりました。

 

だから何なの?

 

つまり、企業は「イス」に座る“人”を3年毎に入れ替えれば、その仕事を派遣で雇い続けることが可能になるわけです。   

 

・・・え!?これだけを見ると、完全に雇われる側にとっては改悪じゃん!!

派遣会社と企業だけおいしい思いをしやがって・・・!!と思う人も多いはず。

 

  でもちょっと待って。本当にそうですか?   

 

そもそも、改正前の“業務”ごとに3年という制度下においても、

企業には、業務の名称だけ変えたり派遣会社を変えたりして、その業務を非正規雇用で回し続けるという法律の抜け道がいくらでもありました。

 

 加えて、改正前の法律だと、極端に言えば「前の人が2年11か月働いていたから、君がこの業務に就ける期間は1か月ね」ということになりかねない。 

 

それが“人”単位に変わったことで3年はそこで働ける。

 

この改正は、望んで派遣という働き方選んでいる人にとってはむしろ好都合です。

  

つまり、2015年派遣法改正は、改悪ではなく複雑だった制度のシンプル化なんです。  

 

それに、この改正についてよく囁かれる「派遣社員の生涯固定化を招く」という批判自体、働き方の多様性を否定しているようで個人的に嫌いです。   

 

さらに、改正法では雇用安定化のために以下の措置がとられています。

 

 1)派遣先への直接雇用の依頼

2)新たな就業機会(派遣先)の提供(合理的なものに限る)

3)派遣元事業主による無期雇用

4)その他雇用の安定を図るために必要な措置   

 

加えて、派遣会社には 

 

「段階的かつ体系的な教育訓練」

「希望者に対するキャリア・コンサルティング

 

 

を実施することが義務付けられました。  

 

この法律改正は、今まで派遣は人手が足りないときの緊急措置という位置づけだったものが、やっと派遣も一つの働き方として認められる第一歩となった証です!!  

 

 今後は同一労働同一賃金が定着して、働き方の多様性がより認められる社会になってほしいですね。   

 

いかがでしたでしょうか。 新卒の方も、第2新卒で再就職先を探している方も、会社基準や給料で選ぶのではなく、働き方で選ぶのもありなのでは。少なくとも私は、前の職場にいたときよりも気楽だし、人生が充実してます。

リツアンSTCは、エンジニアに特化した人材紹介会社(派遣・業務委託・正社員紹介)です!

>派遣新時代~派遣が変わる、派遣が変える~【電子書籍】[ 出井智将 ]

価格:691円
(2017/3/31 23:32時点)

 

>派遣社員のためのキャリアデザインハンドブック [ 加賀博 ]

価格:1,080円
(2017/3/31 23:37時点)