読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒派遣社員が生きるコツを模索する

ゆるく生きるコツを探す雑記blog。

レトロかわいいだけじゃない!「がま口長財布」はすごく使いやすいよねという話

 

春です。財布の使い始めの季節になりました。

 

皆さんは財布を選ぶ時、何を基準に選んでいますか?

 

「値段」「ブランド」「デザイン」「機能性」

 

色々あると思いますが、私はがま口長財布一択です。

細かくいうと、お札入れの部分ががま口で、中の小銭入れがファスナーになっている薄い長財布が好きです。

 

というわけで、今回はがま口長財布の魅力とおすすめを紹介します。

「がま口」の魅力をゆるく語ってみる

・抜群の機能性

 

何といっても、開け閉めしやすいところが一番の魅力だと思います。

ファスナータイプと違い、丸い留め金をひねるだけで簡単に開閉ができるため、スピーディで一切の無駄がありません。その無駄のなさにはあのジョルノ・ジョバーナも「無駄がない」と唸りをあげることでしょう。

 

・美しく響く音

 

長く使っていると「がま口」を閉じるときの、あのパチンという音が堪まらなく好きになってきます。

「がま口」を閉めるときのあのパチンが快感に変わったとき、貴方も立派な「がま口」中毒者です。

 

・デザイン

 

単純に可愛くないですか?

ただの四角いシルエットにがま口の口金がちょこんと加わるだけで、一気に100倍くらい可愛くなる気がするのは私だけでしょうか。

口金が大きいタイプのものもありますが、個人的にはあまり主張しないタイプのものが好きです。

 

やっぱり長財布だよね~

・お札を折り曲げたくない

 

お金は大切ですからね。

NO MORE表情の歪んだ諭吉。

主にいろはすの財布に入っているのは野口。

 

・圧倒的な収納スペース

 

二つ折りも収納力に特化したものはありますが、

一般的に長財布の方がたくさん入る。

 

→長財布

カードポケット8~12

札入れ1~2

小銭入れ:大きい

 

→二つ折り財布

カードポケット4~6

札入れ1

小銭入れ:小さい

 

 

・デメリットとしてサイズが挙げられるけど

 

サイズ感が仇になるのは、手ぶらで出かけたい人に限定されると思うんです。

 

普通に鞄に入れて持ち歩くのであれば、収納スペースの多い長財布は幅が薄くなるからかさばらないし、存在感があるので鞄からすぐに取り出すことができます。

 

おすすめのがま口長財布【全部3万円以内だよ】

・薄くてかさばらない

 

ポールスミス

アナスイ

ジルスチュアート

☆アンメートルキャレ

☆アンシェリ

☆ニコールリー

フレームワーク

本日の教訓

  • 和風なイメージのがま口だけど、実は明治時代にヨーロッパから伝わった
  • 機能性と美しく響くぱちんという音は一度使うと病みつきになる