読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒派遣社員が生きるコツを模索する

ゆるく生きるコツを探す雑記blog。

本を古本屋の10倍高く売る方法

 

こんばんは。

 

今まで本の処分は近所の古本屋で売る派だったいろはすですが・・・

 

 

つい最近久しぶりに本を売った後貰った買取レシートを見て、ふと思いました。

 

もっと高く売る方法ないかなー

 

というわけで調べてみました。

 

Amazonとかオンライン古書店とか色々出てきましたが、

 

比較的最近はじまったサービス「ブクマ!」を使ってみることにしました。

本に特化したフリマアプリ「ブクマ!」とは?

2016年の8月25日に開始されたサービスです。

特徴は何と言っても出品の速さです。

しかも、スマホから出品出来ちゃいます。

なぜそんなに速くできるかというと、

 

スマホのカメラ機能を使って手元にある本のバーコードを読み取るだけだから

 

これだったら私にも出来そう!

実際に出品してみた!

というわけで、早速アプリをダウンロードして出品してみました。

 

画面下の真ん中にあるカメラのボタンを押すと・・・

f:id:irohasu24:20170419210003p:plain

 

バーコード読み取りの画面が出てくるので、

売る本の裏表紙にあるバーコードをスマホのカメラで読み取ります。

f:id:irohasu24:20170419210200p:plain

 

バーコードの読み取りが成功すると、

下記のような画面が出てくるので、値段や商品の状態を入力します。

f:id:irohasu24:20170419210319p:plain

 

こんな風に、初心者でも簡単に出品できるので、所要時間は約1分でした。

慣れてきたら数秒で出来そうな作業です。

 売れた!

出品後、なんと1時間もたたないうちに本が売れました!!

 

今回は古本屋より高く売れればいいやという気持ちで適当に価格を設定していたのですが、次回からはAmazonの出品価格などとも比較しつつ設定しようと思います。

自分で値段を決められるって嬉しいですね♪

 

ちなみに、設定した価格は後から変更できます。

梱包した!

梱包材は、全て100均で買えました!使ったのは下記です。

 ☆印が買ったもの

 

☆OPP袋

☆プチプチ

☆角形2号(A4)の茶封筒、文庫本の場合は角形3号(B4)

・セロテープ

・テープのり

・メッセージがかける付箋

 

上の梱包材を使用して、写真のように梱包します。

OPP袋に入れる→プチプチでくるむ→お礼を貼る→封筒にいれる

f:id:irohasu24:20170419212329j:plain

 発送の準備をした!

商品の発送は、クリックポストを利用しました。

www.post.japanpost.jp

 

クリックポストとは、日本全国一律164円で発送できて

 

その送料をクレジットカードで決済できるサービスです。

 

サイズ規定はありますが書籍は大体これで発送できると思います。

※使用する際にはYAHOO!JAPAN IDが必要になります。

 

クリックポストで決済が完了したら、ラベルを印刷して商品の入った封筒に貼り付けます。

f:id:irohasu24:20170419214444j:plain

 

Google Chromeを使用している場合、宛名を印刷しようとして「印字」をクリックしてもラベルが表示されないことがありますが、ポップアップブロック解除設定で「clickpost.jp」のポップアップを許可すると解決します。

 

・自宅にプリンターがない場合はコンビニのネットワークプリントサービスが便利です。 

ポストに投函した!

上記の作業が完了したら、あとはポストに投函すれば発送完了です。

ポスト投函後、アプリで購入者に発送の通知をします。

購入者とチャット形式でやりとりができるので、発送完了通知と同時にお問い合わせ番号(追跡番号)も通知しましょう。

また、クリックポストは全て陸送のため、船に載せなければならない離島への発送は、本州への発送と比べて日数が多くかかる場合があります。離島から又は離島への発送時には、通知の際にその旨も表記しておくとトラブルが事前に防げます。

 まとめ

今回は、本に特化したフリマアプリ「ブクマ!」で出品から商品発送までの方法を紹介しました。

 

もしこの記事が参考になった方がいれば、アプリをダウンロードする際に、

 

「401DB」というコードを入力してください。

 

300円分のポイントがもらえます。

(私ももらえます笑)

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。