読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大卒派遣社員が生きるコツを模索する

ゆるく生きるコツを探す雑記blog。

「観光目的です」と言ったら入国審査官に嘲笑されるレベルのド田舎に行ったときの話[写真もあるよ]

 こんばんは。大卒派遣社員いろはすです。

 

今回は、観光地としては日本どころかアメリカでもあんまり馴染みのない(らしい)アメリカのアイダホ州に遊びに行った時の話をします。

きっかけ

叔母の旦那(アメリカ人)が久々に実家に帰るというので、ついでに遊びに来ないかと誘われました。
向こうの家に泊まっていいということだったので、

 

旅費浮きそう!

 

という下心満載に、「行く!」と即答しました。

アイダホ州とは?

私もそうでしたが、皆さんもアイダホといえばじゃがいもという認識ではないでしょうか。そうです、主食はポテトです。ステーキと一緒に食べると幸せになります。

f:id:irohasu24:20170421200134j:plain
地理的には、アメリカ北西部のロッキー山脈にあって、北の方はカナダに接している内陸の州です。
見渡す限りほとんどが山、牛、畑、森、川で、典型的なアメリカの田舎という感じです。

現地に着くまで

まさかの後から一人で来てねパターン

現地には叔母夫婦と一緒に行くことになると思ってたのですが、
二人はいつの間にか日本から出発していました。

 

どうしよう・・・海外なんてツアーでしか行ったことないってばよ

 

と内心ビクついていましたが出発日は刻刻と迫ります。

 

経由地の韓国行き便が大幅に遅延してピンチ

出発の日になりました。少し不安もありましたが、旅行の楽しみの方が大きかったので浮かれながら国際線の便を待っていました。
すると・・・

 

時間通りに飛行機が出ない!!

 

最初の経由地であるソウルでの乗り継ぎ時間が50分くらいしかなかったので、焦りました。

遅延時間の詳細は覚えていませんが、あと5~10分ほど到着が遅れていたら乗り継ぎに間に合わない状況でした。

後から調べたことなんですが、万が一乗り継ぎに間に合わなかった場合は、トランジットデスクに問い合わせると色々と手配してくれるらしいです。

でもとりあえず間に合ってよかった(笑)

シアトルの入国審査で・・・

ソウルでの乗り換えが何とか間に合い、無事にシアトルのタコマ国際空港に到着しました。

アメリカに着いたので、次は入国審査です。

審査は結構厳しいイメージだったので、英会話ができない私は緊張していたのですが、


意外とすんなり終わりました

 

むしろ入国審査官同士が会話して笑い合っていて軽い感じの雰囲気でした。

ただの推測ですが、滞在目的と滞在先を行った直後に笑っていたので、


審査官1「おい聞けよ、こんな僻地に観光だってよ」

審査官2「HAHAHA,笑わせるぜ」

 

的な会話をしていたんじゃないかなーと思います。違うかな。

でも中川家のネタでありそう。

現地に到着

ホームパーティーに参加(馴染めない)

無事にアイダホの首都ボイシに到着して、一週間滞在しました。

滞在している間に、叔父さんの実家で親戚一同が集まったパーティーがありました。

テーマの決まった一品持ち寄りのパーティーで、テーマは※「スクワッシュ」です。

※スクワッシュは日本でいうかぼちゃのこと。種類が多い。パンプキンはスクワッシュの一種

style.nikkei.com

この一品持ち寄りパーティー、投票箱を作って一番おいしかった料理を後からランキング形式で発表してて、その辺アメリカっぽかったです。

私は、英語が話せない以前にコミュ障で全然馴染めなかったので、

隅の方で小学生くらいの男の子と一緒に身体に悪そうな派手な色のシロップをたくさん混ぜたドリンクを量産して遊んでいました。

日本だと外国人は興味を持たれがちですが、向こうは外国人がいてもこちらから行かない限りほぼ無関心なので逆にありがたかったです。

ちなみに、おじさんの甥っ子(20代後半)も、たくさん集まった人たちを遠目で見つつ、

 

「誰だよあいつら、親戚多すぎかよ」

 

と悪態をついていて私の中で密かに好感度が上昇しました。

NICE TO MEET YOU.は別れの挨拶!?

日本に帰るとき、

別れ際にNice to meet you.と言われて少し驚きました

この言葉って、さようならって意味もあるんですね。

はじめましてって意味だけだと思っていました。

確かに、直訳するとあなたにあえて良かったになりますもんね。

相手はハグしながらこの言葉を言うんですけど、

叔父さんの姪っ子(20代)の金髪美女にこれやられた時はテンションだだ上がりでした。

 

 

・・・観光地?

一応写真をとったので載せます。殆ど風景写真です。

 

 ☆世界猛禽類センターにいた寂しそうなカリフォルニアコンドル

アイダホにあるスネーク川は猛禽類生息地として有名

f:id:irohasu24:20170421192024j:plain

☆サンバレーというリゾート地の雑貨店にいた謎の生き物(夢に出そう)

f:id:irohasu24:20170421192049j:plain

☆ホットスプリング

天然の温泉です。管理されてる様子もなく普通に無料で入れました。アイダホは天然の温泉や間欠泉が多いらしいです。

f:id:irohasu24:20170421192137j:plain

☆バランスオブロック

地味に私います

f:id:irohasu24:20170421192208j:plain

☆クレイターズ・オブ・ザ・ムーン

火山が噴火してできた地形。洞窟もあります。

f:id:irohasu24:20170421192222j:plain

f:id:irohasu24:20170421192244j:plain

 洞窟の入り口

f:id:irohasu24:20170421193016j:plain

洞窟に入ると、天井に開いた2つの穴から光が差し込んでいました。リオレウス降りてきそう

f:id:irohasu24:20170421192809j:plain

本日の教訓

  • アイダホは、ひとくくりに田舎という言葉で片づけるのはもったいないくらい自然が豊かで素敵な場所だった。
  • ラシュモア山の大統領彫刻(顔岩)を手がけたガッドストン・ボーグラムはアイダホ州の出身
  • 文豪のヘミングウェイアイダホ州ケッチャムで晩年を過ごした